黒羽麻璃央、和田琢磨、玉城裕規、佐伯大地ら出演「Sea Opening」18年2月公開

情報元: Ameba news
元記事: 黒羽麻璃央、和田琢磨、玉城裕規、佐伯大地ら出演「Sea Opening」18年2月公開

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

 ミュージカル「刀剣乱舞」や舞台「黒子のバスケ」で知られる俳優・黒羽麻璃央が主演を務める映画「Sea Opening シー・オープニング」が2018年2月10日から公開されることが決定し、ポスタービジュアルと予告編が披露された。黒羽をはじめ、和田琢磨、玉城裕規、佐伯大地、大平峻也、河合龍之介、佐藤永典ら人気2.5次元俳優が結集。「Please Please Please」の堀内博志が監督、脚本、撮影、編集を務めている。

【動画】「Sea Opening シー・オープニング」予告編

 ある劇団の公演直前、「俺が居なくても芝居続けるか?」という問いを残し、人気舞台俳優・片桐(和田)が姿を消してしまう。片桐を慕っていた後輩・清(黒羽)の心は大きく揺らぎ、その“答え”を求めて幼なじみ・ナオ(佐藤)を訪ねるが、答えは得られなかった。そんななか突如、片桐が現れ、清を故郷・沖縄へと誘う。沖縄へとやってきた清は、片桐の友・城田(玉城)、種違いの弟(大平)らと出会い、“ある真実”にたどり着く。

 予告編は、哀しみや喪失感を抱える、繊細な若者たちの姿を映し出す。憂いを帯びた表情で砂浜に佇む黒羽、寂しげに遠くを見つめる和田。抱き合い言葉を交わす姿、手を握ろうとする様子も描かれる。一方ポスタービジュアルは、植物に囲まれた空間で黒羽と和田が向かい合う場面を切り取っている。

 「Sea Opening シー・オープニング」は18年2月10日から東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開。

【作品情報】
Sea Opening シー・オープニング

【関連記事】
【フォトギャラリー】「Sea Opening シー・オープニング」
足立梨花“おっぱい封印”も……やっぱり連呼!黒羽麻璃央は「おっきい方が好き」
黒羽麻璃央、横田龍儀とのラブシーンをおすすめ「スイッチが入った」

(C)2017エス・エル・エフ/パーフェクトワールド

―― 引用ここまで ――

情報元: Ameba news
元記事: 黒羽麻璃央、和田琢磨、玉城裕規、佐伯大地ら出演「Sea Opening」18年2月公開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする