冬の寒さを温めて♡すぐに飲めて嬉しいコンビニの人気スープ特集

情報元: Ameba news
元記事: 冬の寒さを温めて♡すぐに飲めて嬉しいコンビニの人気スープ特集

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

外に出ると身体が凍えてカチコチになってしまいそうな寒い日が増えましたね☆そんな冬は、すぐに食べられて身体が温まるコンビニのスープがおすすめです!人気のスープをご紹介します。冬はスープで温活を♡


rnmms2@rnmms2

最低気温がどんどん下がり、朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。身体が冷えると免疫力が低下して、風邪を引きやすくなってしまいます。顔色が悪くなりくすみがちになったり、疲れが取れにくくなったりと、良くないことばかり。 毎日少しずつでも身体を温める習慣をつけて、身体の中から元気を生み出したいですね♪ 温活には毎日の食事がとっても大事です。手軽に始めるなら温かいスープがおすすめですよ♪身体を温める食材を使ったものや、具沢山の野菜が入ったものなら栄養価も高く、身体を内側からしっかり温めてくれます。 忙しくてなかなかお料理する時間がない方でも大丈夫。最近はコンビニのスープがとっても本格的で充実しているんです☆温めるだけの簡単なものから、ちょっとしたひと手間だけで本格的な一品に仕上がるものまで色々出揃っていますよ。 早速人気のスープをご紹介しましょう♪ セブンイレブンの本格スープ


【サラダチキンを入れて作る参鶏湯】
norikko/stock.adobe.com

(画像はイメージです) 参鶏湯と言えば、女性に人気の韓国料理ですね♪参鶏湯は栄養価が高く身体を温める効果も高い薬膳スープです。お肌がプルプルになる効果を実感する人も多く、女性には特に嬉しいスープですよね♡ その参鶏湯が手軽に食べられると評判となっているのがこちらの商品。ダイエット食材としても人気のサラダチキンを入れて作る、本格スープタイプです。 セブンイレブンでサラダチキンとスープのパウチの2品を購入して作ります。作り方はとっても簡単で、サラダチキンを小さくさいて、スープを入れて、レンジで3分温めるだけ♪お好みで食材を追加してアレンジしても良いですね☆ コンビニ商品を2つ買うだけで、本格的なディナーの一品が出来てしまうのは嬉しいですね! ファミリーマートの注目スープ


【蒸し鶏と野菜の生姜雑穀スープ】
pilipphoto/Shutterstock.com

(画像はイメージです) 身体を温める効果が知られる生姜は、寒い時期には積極的に摂りたい食材ですね! ファミリーマートには、その生姜が効いたスープが販売されていますよ♪具沢山でボリューム満点なところも魅力です。 野菜がたっぷり摂れるのも嬉しいポイント☆もちもち食感の雑穀も入っているので、食べ応えも十分です。 惣菜コーナーで販売されていて、そのまま温めて食べることが出来ます。ランチタイムなどに食べるのにも丁度良いサイズ感です。芯から温まりそうですね! ヘルシー派に人気のローソンのスープ


留美井上/stock.adobe.com

(画像はイメージです) ローソンのスープは身体に優しいヘルシーなスープが揃っていますよ♡新製品が追加されていくので、新しいスープを見つけに行くのも楽しみです。今年の新製品2品をご紹介しますね。 【ロールキャベツのトマトスープ】 ひと口サイズのロールキャベツが2つ入ったトマトスープは、野菜の旨みや甘味が楽しめる一品です。自分で作るには結構手間がかかるロールキャベツを、手軽にコンビニで買えるのは便利ですよね☆  【オマール海老のビスク】 濃厚な海老の旨みがぎゅっとつまったビスクは、女性に大人気のスープですよね♡スライスバゲットがついているので見た目もおしゃれです。 カナダ産のオマール海老をしっかり煮込んで取っただしを使用しているそう。ポタージュスープのタイプなので、濃厚な味わいを欲する時には特におすすめです。バゲットと一緒に食べるので、夜のワインのお供にも合いそうですね♪  いかがでしたか?コンビニのスープと言えど、本格派揃いですよね!冷え性の方は勿論、普段野菜不足になりがちな方も、スープを工夫するだけで栄養バランスも整います。スープでしっかり身体を温めて、冬の寒さを元気に乗り切りましょう☆

関連記事・今年の汚れは今年中に落としたい!忙しくても大掃除でやっておきたいエリアは?・ハーゲンダッツからフォトジェニックなアイスケーキが限定販売♡・不要になったあのアイテムが大活躍♡お金をかけずに年末の大掃除をサクサク進めちゃおう♪

―― 引用ここまで ――

情報元: Ameba news
元記事: 冬の寒さを温めて♡すぐに飲めて嬉しいコンビニの人気スープ特集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする