天から見放される!? 「天中殺」のときにしていいこと、悪いこと

情報元: Ameba news
元記事: 天から見放される!? 「天中殺」のときにしていいこと、悪いこと

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

 「天中殺」とは、12年のうち2年間訪れる「天が味方してくれない期間」のこと。「あなたは天中殺に入った」といわれたらお先真っ暗な気分だが、悪いことばかりが起きるわけではない。注意点を守れば、意義のある2年間に変えることもできるという。“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では、メンズ占い師ユニットnot for sale.のメンバー・Hoshiが、天中殺の過ごし方をアドバイスした。

■天中殺は『占いTV STORE』でチェック!

 Hoshiによれば天中殺のときに気をつけたいのは、「1.大きな決断 2.衝動的な行動 3.もめ事」の3つで、「天中殺の時期は気持ちが焦りやすく、判断ミスをしやすいから」とHoshi。この時期に家を買う、結婚する、転職するといった人生を左右する大きな決断をすると、後から後悔する危険性が高いそう。また、些細なもめ事が裁判に発展してしまうなど、ゴタゴタも長引きやすい。「腹が立つことがあってもスルーするのが、この時期のポイントです」。

 一方、天中殺の時期にこそやったほうがいいこともある。それは、「1.勉強 2.人間ドック 3.寄付」の3つ。天中殺は欲をかかずに自分の内面を高めたり、人のために行動したりすると後に自分に返ってくるという。英会話や資格の勉強など興味あることに取り組んだり、ボランティアに精を出したりするのもオススメ。さらに「隠し事がバレやすい時期でもありますが、逆に隠れていた病気が見つかることも。健康診断や人間ドックは積極的に受けて」とHoshi。

 最後にHoshiは「12年のうち2年間ぐらいは、がんばりすぎない時期があってもいい。我の強さを抑えて、向こうから来たもの、頼まれたことだけを引き受けていけばトラブルは起きません」とアドバイス。むやみに怖がることなく、しっかり対処して天中殺をやり過ごそう。

 『占いTV STORE』(https://www.uranaitv.store/contents/000023/?cpno=990200000004)では、生年月日を入れるだけで天中殺を調べることができるので、ぜひ参考にしてほしい。
(ニコ)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock

【関連記事】
【1月の開運日辞典】年始の過ごし方が2018年の運気を左右する 要チェック日は?
2017年に不倫、淫行がバレた芸能人の共通点とは?
2018年もっとも運のよい芸能人は誰? 「超運ランキング」発表!
【平昌五輪予想】レジェンド葛西 8回目のオリンピックでの金メダルはあるか?
【平昌五輪】男子フィギュアの王子対決 金メダルは誰の手に?

―― 引用ここまで ――

情報元: Ameba news
元記事: 天から見放される!? 「天中殺」のときにしていいこと、悪いこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする