松木安太郎が東京湾の「幽霊魚」を狙う

情報元: Ameba news
元記事: 松木安太郎が東京湾の「幽霊魚」を狙う

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

元サッカー選手で解説者の松木安太郎が、1月14日の『釣りびと万歳』(BSプレミアム、毎週日曜17:30~)に出演。冬の東京湾でタチウオを狙う。

この時期、水深100m前後の深場へ移動するタチウオは丸々と太り、旬を迎える。銀色に輝く魚体、脂の乗ったその味は釣りびとを魅了する。タチウオは別名“幽霊魚”とも呼ばれ、泳ぐ深さ“タナ”を次々と変える。この“タナ”をいち早く探し出すことがカギとなる。今回松木は1mを超える大物に挑戦。見事大物を釣り上げることができるのか?

関連リンク
野生のヒョウ・マナナの生態を世界的カメラマンが記録

新人女子アナ「愛してやまない」存在を告白

新宿・花園神社の酉の市にカメラが密着『ドキュメント72時間』

スクールセクハラ、性被害から子どもを救え『金曜イチから』

YOSHIKI『ダウンタウンなう』で「カレーが辛くて帰った事件」の真相激白

―― 引用ここまで ――

情報元: Ameba news
元記事: 松木安太郎が東京湾の「幽霊魚」を狙う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする