丸の内ピカデリー アニメーション 爆音映画祭開催 「ビバップ」「キンプリ」など18作品を上映

情報元: Ameba news
元記事: 丸の内ピカデリー アニメーション 爆音映画祭開催 「ビバップ」「キンプリ」など18作品を上映

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

 東京・丸の内ピカデリーで、1月12日から2月2日の3週間にわたり、全18作品の劇場アニメを“爆音上映”する「丸の内ピカデリー アニメーション 爆音映画祭」が開催される。

 “爆音上映”は、音楽ライブ用の音響システムを使用することで、大迫力の音響で映画を楽しめる上映形態。「丸の内ピカデリー アニメーション 爆音映画祭」は、株式会社boid代表の樋口泰人氏を総合プロデュースに迎え、「アニメは“音”で、もっと楽しめる!」のコンセプトのもとに開催される。

 上映ラインナップは、1983年公開の「劇場版 クラッシャージョウ」から、01年の人気作「COWBOY BEBOP 天国の扉」、湯浅政明監督が手がけた17年作品「夜明け告げるルーのうた」まで多岐にわたる。「劇場版 TIGER & BUNNY The Beginning」「劇場版 TIGER & BUNNY The Rising」「KING OF PRISM by PrettyRhythm」「KING OF PRISM PRIDE the HERO」は“応援上映”、「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」は“チアリング上映”となり、声援をあげたり、ペンライトを振ったりすることができる。そのほか、「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」「映画 聲の形」「パプリカ」「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」「マインド・ゲーム」「魔法少女リリカルなのは Reflection」「劇場版 fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い」などを上映。各作品には“爆音上映”用として、音量や音圧に調整が施される。

 また、1月13日には「映画 けいおん!」「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」「魔法少女リリカルなのは Reflection」の3本立て、27日には「COWBOY BEBOP 天国の扉」「TIGER & BUNNY The Beginning」「TIGER & BUNNY The Rising」「劇場版 クラッシャージョウ」の4本立てをオールナイト上映。20日には、トークイベント付きの「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」シリーズオールナイト一挙上映も行われる。

 各上映回の前売りチケットは、丸の内ピカデリー公式サイトと劇場窓口で販売中。

【作品情報】
劇場版 TIGER & BUNNY The Beginning

【関連記事】
爆音上映プロデューサー・樋口泰人、「ダンケルク」の見どころはまさかの“無音”!?
「機動戦士ガンダム サンダーボルトDS」テレビ放送&極上爆音上映が決定!
新千歳空港国際アニメ映画祭でアカデミー賞候補の「KUBO」上映 トークショーや爆音上映作品も発表

―― 引用ここまで ――

情報元: Ameba news
元記事: 丸の内ピカデリー アニメーション 爆音映画祭開催 「ビバップ」「キンプリ」など18作品を上映

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする