民俗学がもつ『感情史』としての可能性──連載「21世紀の民俗学」単行本発売

情報元: wired
元記事: 民俗学がもつ『感情史』としての可能性──連載「21世紀の民俗学」単行本発売

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

民俗学者・畑中章宏による連載「21世紀の民俗学」。2016年3月から1年に渡って、市井の人々の感情を切り取る民俗学の視点から「現代」の問題に取り組んできた本連載の単行本が17年7月28日に刊行された。

―― 引用ここまで ――

情報元: wired
元記事: 民俗学がもつ『感情史』としての可能性──連載「21世紀の民俗学」単行本発売

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする