島根銀行のフィスコ二期業績予想

情報元: ZUU online
元記事: 島根銀行のフィスコ二期業績予想

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

※この業績予想は2017年6月20日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

島根銀行

3ヶ月後
予想株価
1,400円

創業100年超の歴史を持つ島根県・鳥取県地盤の地銀。17年3月末の自己資本比率(国内基準)は8.9%。地域密着・自主独往路線で成長目指す。17年2月に新本店が開業。17.3期は与信コストの減少で大幅増益。

手数料収入は若干増。だが貸出利息の低下を貸出金の増加で補えず。前期にあった貸倒引当金戻入益の減少で与信コストも増える。本店移転費用なども利益を圧迫。18.3期は利益足踏みか。株価は底入れを探る展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/9,540/0/880/850/152.94/50.00
19.3連/F予/9,600/0/900/860/154.74/50.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/06/20
執筆者:JK

<FA>

―― 引用ここまで ――

情報元: ZUU online
元記事: 島根銀行のフィスコ二期業績予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする