今仙電機製作所のフィスコ二期業績予想

情報元: ZUU online
元記事: 今仙電機製作所のフィスコ二期業績予想

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

※この業績予想は2017年6月28日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

今仙電機製作所

3ヶ月後
予想株価
1,300円

シートアジャスタが主力の独立系自動車部品メーカー。ランプや電子ユニット等の電子部品も手掛ける。中長計で20年売上高1800億円、営業利益率7%目標。17.3期は受注減少等で厳しい状況。円高の影響も有。

自動車業界は、海外市場は堅調に推移、国内の自動車生産数の減少傾向は続くと予想。将来に向け既存事業の枠にとらわれない開発を推進。今後も厳しい状況が続くと予想。株価は目先では下落傾向も長期では上昇を予想。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/108,504/2,820/2,531/1,190/56.53/24.00
19.3期連/F予/106,540/2,769/2,485/1,168/55.51/23.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/06/28
執筆者:YS

<FA>

―― 引用ここまで ――

情報元: ZUU online
元記事: 今仙電機製作所のフィスコ二期業績予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする